手続きを代行してもらえる

ミニカー

車を買う、という時、気に入った車を決めてお金を払えばそれでOKと考えがちなものです。
しかし、不動産を購入すれば登記を行うのと同様に、自動車も公的な登録をしなければ、実際に手にすることができません。
この自動車登録の手続きですが、まず登録に先立って、警察署で車庫証明を発行してもらいます。
そして陸運局に併設の都道府県税事務所で税金の申告・支払を済ませてから、陸運局に車庫証明を含む登録のための申請書類一式を提出します。
こうして自動車検査証を受け取れば、自動車登録は完了です。
なお新車の場合や中古車売買でも管轄の陸運局が異なる時は、ナンバープレートの付け替え申請をすることが必要でしょう。
新車を購入する際に、このような面倒な手続きを行った経験のある人は少数でしょう。
実は、この車庫証明の取得や自動車登録の申請は、行政書士が代理できます。
行政書士とは、行政官庁に提出する様々な書類の作成および申請代理を独占的に行うことができる国家資格です。
多くの人は、運転免許証の更新の度に、運転免許センターの周囲に軒を連ねる行政書士の看板を目にしていることでしょう。
ディーラー経由で車を購入する場合など、大抵はこのような手続きまでディーラーが手配してくれますから、購入者が行政書士に直接依頼するということはあまりありません。
しかし、近年では車がインターネット上で売買されるなど、事情が変化しています。
ネットオークションなどを利用して、中古車を個人同士の間で売買すれば、所有名義を変更するための自動車登録は、購入者自らが行わなければなりません。
このように今後は、購入者自ら自動車登録の手続きをしなければならない場面が増えるものと予測されます。
しかしこのような行政手続きは、行政書士のような専門家ならばともかく、一般の素人にはわかりにくいものです。
インターネットで検索しても、サイトの見方がわからずいらいらしたり、担当部署に電話を掛けて調べようにも、電話口では肝心の知りたいことをうまく説明できなかったり、はたまた必要な書類を忘れて申請に行けば、その補正のために何度も平日に陸運局へ足を運ぶ羽目になってしまいます。

オススメリンク

自分で行うよりプロに任せよう

生活をしている中で引っ越しなどをするという機会があります。
このようなときには車庫証明を取得したり自動車登録を行う必要があります。
これは新車の購入をしたときにも行わなければいけません。
手続きに関しては自分で行うこともできますが、やはり手間がかかります。
車庫証明や自動…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031